診療内容

歯周病治療

自覚症状がわかりにくい歯周病。放っておくと大変なことに。

歯周病とは、口腔内の歯周病原性細菌(歯周病を引き起こす細菌)によって引き起こされる感染症です。細菌の塊はバイオフィルムと呼ばれる層を形成します。すなわち、細菌の攻撃に対する私たちの抵抗力つまりは免疫力が低かったり、細菌の活動性が免疫力より強かったりすると、歯周病は進行して、歯肉や歯槽(しそう)骨(歯の周りで歯を支えている顎の骨)などの歯周組織を破壊していくようになります。歯周病は自覚症状が非常にわかりにくいため、症状を感じたときにはかなり重度の歯周病に進行してしまっていることが多くみられます。歯周病は進行すると最終的には歯が抜けてしまいます。重度まで進行すると治癒が非常に困難になるので、早めの段階で治療することが大切です。

歯周病の進行について 歯肉炎から軽度の歯周炎になり、中等度、重度へと進んでいきます。歯周病の原因はプラ-ク+αです。

むし歯と違って、気付かないうちに進行してしまう歯周病。歯垢が歯のすきまにたまり、歯肉や歯根といった歯を支える組織が壊されてしまうものです。歯磨きなどのちょっとした刺激で出血するのは軽度ですが、進行すると歯槽膿漏になり歯を失うこともあります。最近では、歯周病菌が血管に入り込むことで、血栓を引き起こして動脈硬化を促進したり、インスリンの働きを妨げて糖尿病を悪化させるなど、全身におこる影響もわかってきました。「歯磨き程度で出血する」、「朝起きると口の中が粘つく」といったサインが見られたら、早めの治療が大切です。

歯周内科治療

歯周病は、軽症なものから重症なものまで、また患者様の全身状態や喫煙の有無などにより各々の患者様により治療方法(オーダーメイド治療)を選択する必要があります。歯周病の原因は、歯周病菌といわれる細菌による感染症ですが、従来の治療はその原因菌を特定することなく、外科的に処置を行うことが主流で、患者様のお口の中のプラークの「量」をコントロールすることが必要でした。しかし、一生懸命歯磨きしても、また一度治っても、歯肉の腫れや出血・口臭が再発し、大切な歯を失うことがありました。

医科において、症状がある場合、血液検査などを行って原因を調べ、その結果、薬の処方を受けて治療しますよね。

では、歯周病も同じように治療できないのでしょうか?もっと簡単に、早く、良い結果が生まれる方法はないのか?そういう疑問から考えられたのが、これまでとは異なった新しい考え方で、薬で歯周病を治す歯周内科治療なのです。

  1. Step1原因である歯周病菌を位相差顕微鏡でおおまかに観察します。
    • カンジダ
    • トレポネーマ
    • トリコモナス
    • アメーバ
    位相差顕微鏡とは
    位相差顕微鏡は、口腔内や血液中の透き通った微生物を観察するときに使用します。はしもと歯科では、口腔内の歯周病菌を観察する際に使用しております。この位相差顕微鏡はパソコンやモニターに映して患者さまにも見ていただける仕様となっています。口腔内で歯周病菌がどのように活動しているのか、ぜひ一度ご覧になってください。
  2. Step2PCR法検査により原因菌の種類・菌数を科学的に特定します。
    【PCR法検査】
    PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)による増幅をリアルタイムに測定することで、細菌のDNA の定量を行う検査方法で、感染している歯周病菌の種類を特定し、その菌数を測定できます。
    位相差顕微鏡の観察だけではどの細菌がどれだけいるかを特定することまではできませんので、この検査を行うことにより、患者様各個人の治療にもっとも効果的なお薬を選択することができるのです。検査に痛みを伴うことはありません。また、歯周内科治療は歯科医師がお口の中を診察し、プラーク中の細菌を確認・特定して内服薬が決定しますので、検査なしでお薬を処方することはできません。
  3. Step3専用の歯磨き剤での歯磨きと、細菌の除去薬剤の内服を行います。

    口腔常在菌であるカビ菌が歯周病に大きく関与しますので
    カビとり歯磨き剤が必要になります。

  4. Step4除菌した後、お口の中の歯石取りを行います。

    除菌が完了したら、
    スケジュールに合わせてお口の中の歯石取りを行います。

  5. Step5定期的なメンテナンス

    除菌を行うことにより、プラークの『質』を変えることができ、歯磨きしやすくなるのです。

生まれた時から人のお口の中にはカビ菌はいますが歯周病菌は存在しません。しかし、なぜもともといない歯周病菌がお口の中にいるかというと、ヒトからヒトにうつされているのです。回し飲みや回し食い、箸の使い回し、キス、くしゃみなどが感染ルート(特に危険なのが性感染です)と考えられます。
また、最近ではペットの虫歯や歯周病も人からの口腔内細菌の感染であると考えられています。

せっかく、歯周病を治してもパートナーから再感染しては意味がありませんので、パートナーの方と同時に治療されることをお勧めいたします。

《 歯周病内科治療をお考えの方へ 》

歯周病内科治療でも、貧血がひどい方・喫煙されている方・血液疾患の方・不良補綴物のある方など5%程度で歯周病菌がいなくならない場合があります。特にタバコを吸っていると内服薬の効果に必要な白血球の働きが悪くなるので治療できません。

《 歯周内科治療後に注意すること 》
  • お薬を使用した治療は耐性菌の問題より、基本的に一度きりの治療になります。歯周病は細菌による感染症ですので、再感染に注意してください。とくに性感染に気を付けましょう。
  • 歯石やカビ菌を定期的に除去して、お口の中を清潔に保つように心がけましょう。
  • 歯周病菌に再感染していないかどうか、また、お口の中が再感染しやすくなっていないかどうか定期検診を受けるようにしましょう。

マウスピース矯正

DENマウスピース(歯科矯正)

取り外し可能なマウスピースを、一定時間継続して装着するだけの矯正治療。金属の装置(ブラケット)もそれを連結するワイヤーも不要です。マウスピースは透明なので付けている間も目立たず、痛みを感じることもほとんどありません。また、容易に取り外しが可能なため、矯正治療中でも食事や会話、歯磨きを普段通り行っていただけます。

DENマウスピースの特徴

●1日8〜10時間程度の装着でOK

寝ている時間を含めて、1日に8~10時間程度マウスピースを装着するだけ。食事中や仕事中は外して生活できます。従来では、矯正治療をすること自体が難し かった接客業などの方や、虫歯治療中・ホワイトニング中などの理由で矯正をあきらめていた方も、無理なく治療できます。「ワイヤーの見た目が気になる」という方 も、DENマウスピース矯正なら安心。誰にも気付かれることなくきれいな歯並びを実現できます。

●取り外しが可能

従来の矯正治療では、矯正装置を装着しながら歯みがきするのが難しく、虫歯や歯周病になりやすいことが難点でしたが、DENマウスピース矯正はマウスピースを取り外しできるため、歯みがきはもちろん食事 や仕事も普段どおりにできます。

●痛みがほとんどなく歯も傷つけない

従来の矯正装置は長時間必要とし、歯に圧力をかけますので痛みを伴う場合もあります。また、ワイヤー矯正など、器具を口腔内に取り付ける場合は、口腔内を傷つけやすくなります。DENマウスピースは装着時間も短く、器具等で口腔内を傷つけることもないため、痛みやストレスがほとんどありません。

他の矯正治療との違い

従来の矯正治療のメリット・デメリット

ワイヤー矯正
メリット
一部を除き、ほぼすべての症例の治療が可能
治療費が比較的低価格
デメリット
装置が目立ちやすい
まれに金属アレルギーを起こす場合がある
慣れるまで食事や歯磨きがしづらい
治療の過程で使用する針金やゴムにより違和感や不快感を覚えたり、口内炎になることがある
DENマウスピース
メリット
取り外しができる
金属アレルギーの方も治療できる
透明なマウスピースで目立たない
寝ている間に治療ができる
デメリット
1日8~10時間も装着しないといけない
症例によっては適応できない場合がある
通院回数が多い

DENマウスピース 治療の流れ

  1. Step.1カウンセリング

    歯ならびに関するご不満やご希望を伺い、マウスピース矯正のご説明をいたします。診断模型の型取りとレントゲン撮影を行います。

    【1日目 : 約30分】

  2. Step.2治療プランの説明

    診断模型とレントゲンを見ながら、治療プランのご説明をいたします。
    治療費と治療期間を記載した申込書をお渡しいたします。

    【2日目 : 約20分】

  3. Step.3矯正治療開始

    お顔と口腔内の写真撮影、マウスピース作成模型の型取りを行います。

    【初回 : 約30分】

  4. Step.4矯正治療期間

    マウスピースを調整し、お渡しいたします。
    また、次回お渡しするマウスピースの型取りを行います。
    (矯正期間中、繰り返します)

    【再診日 : 約20分】

  5. Step.5保定期間

    移動(矯正)治療が終了したら、1年間に6~12回の後戻りの確認をいたします。保定用のマウスピースをお渡しし、次の型取りを行います。
    (保定期間中、繰り返します)

    【毎回 : 約20分】

  6. Step.6定期検診

    歯肉や歯牙に異常がないか後戻りの確認。
    (後戻りがあれば保定用マウスピースを作成します)

    【半年~1年に1回】

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法

お子様にも親御様にも負担が少なく始めやすい矯正法をご提案。

「プレオルソ」マウスピース

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法は、幼児・小児(3〜12歳)の骨の軟らかい時期に「プレオルソ」というマウスピース式の装置を使い、出っ歯や凸凹(でこぼこ)・受け口などを治療する矯正法です。お子様の『噛み合わせ』と『歯ならび』を改善すると同時に、機能的な側面である『口呼吸から鼻呼吸へ』の改善ができ、本格矯正にならない為の、また、本格矯正への移行準備としても大変大きな効果が期待できます。
マウスピースで行うこの治療法は、子どもの成長発育にとても大切です。

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法の特徴
  • シリコン由来の柔らかい素材なので、子どもさんの嫌がる痛みがない
  • 既製品なので “型取り” の必要がなく、子どもさんの負担が少ない
  • 既製品なので、治療費が安価(技工過程が不要)
  • 口呼吸を鼻呼吸になおす
  • 調整がほとんど必要ない(遠方の患者様でも可能)
  • 学校に装置を持って行かなくていいので、無くすことがほとんどない
  • 装置が壊れることがほとんどない(犬などのペットには注意)
こんな歯ならびでお悩みのお子様に。

  • 出っ歯

  • 凸凹(でこぼこ)

  • 受け口

インプラント

歯を失って悩んでいる方に新しい解決法を提供いたします。

歯を失った場合の治療法の一つで、チタンという金属で作られたインプラント体を顎の骨に埋め込み、その上にアバットメントといわれる支台を立て、そこに人工の歯を被せます。ブリッジのように両隣の歯を削ることなく、また、入れ歯のように異物感がなく取り外す必要もありません。 基本的に、インプラント治療には2回のオペが必要で、1回目のオペでインプラント体を埋入した後4~6か月間インプラントと顎の骨がくっつくのを待ち、2回目のオペでインプラント体にアバットメントを取り付けます。

はしもと歯科では、インプラント体を埋入する際に、骨の中にある神経や血管を損傷しない安心・安全なオペをする目的で、CT撮影を行い審査・診断をいたします。一般的には、十分な骨がある場合1回目のオペでドリルを使用しますが、ドリルを使用できない狭窄(十分な骨の幅がない)してしまっている場合はほとんどドリルを使わないOAMインプラントシステムでインプラント体を埋入することが可能です。
しかしながら、すべての患者様がインプラント治療を受けられるわけではありません。年齢・内科的疾患・顎の骨の状態や口腔内の状態(進行中の歯周病)などによっては残念ながらお断りする場合、または歯周病の治療を優先させる場合もあります。インプラント治療した歯は、快適で天然の歯と同じようにご使用いただけますので、歯を失ってお困りの方・入れ歯になじめない方は、まずはCT撮影とお口の健診を受けてはいかがでしょうか。

口腔外科

口腔外科とはあまり聞きなれない診療科と思います。口腔外科は大学病院や大きな総合病院にあります。口腔外科はお口の中だけでなく、あごや顔に生じる病気を治療予防するところです。

親知らずの抜歯

第3大臼歯である親知らず(前から8番目の奥歯)は、骨に埋まっていたり、横向きに生えたり、その歯のみでなく周りの歯肉の炎症や歯の虫歯を引き起こす原因になることが多く、口臭の原因にもなります。歯ブラシでの清掃が難しく、きれいに生えていても虫歯になってしまうこともあります。 上顎の親知らずの抜歯の場合、抜歯後の痛みはほとんどありませんが、下顎の横向きに生えている歯の抜歯は抜歯後の痛みや腫れが出ることがあります。その不快症状は3日ほどで無くなり、1週間後に抜糸した後は快方に向かいますが、抜歯前の炎症の程度や、埋まっている深さ、根っこの曲がり具合などにより個人差があります。そうした難しい抜歯は口腔外科の得意な分野。痛み少なく、安全な抜歯を行います。

歯根嚢胞

神経が無くなった歯の根っこの先に膿が溜まっている状態で、根っこの殺菌治療をしても完治しない場合、外科的に膿の袋を根っこの先端とともに切除する治療を行います。膿の袋を除去した部位には骨が埋まって治ります。

粘液嚢胞

唇の内面の粘膜内の小唾液腺が、噛んだことなどによる外傷で唾液腺開口部が詰まり唾液腺が膨れ、イボ状に腫脹した状態で、外科的に切除します。

歯の脱臼・顎骨骨折

外傷などにより、歯が動揺したり飛び出した場合、また顎骨が折れた場合、歯の固定や骨の固定が必要になります。

良性腫瘍

頬の内面や舌の表面などにできた腫瘤を切除します。

歯の移植・再植

抜歯しなければならない歯の代わりに親知らずなどを抜いた部位に移し使用する治療です。また、根の治療が困難な奥歯を、いったん抜歯し、膿の袋と根っこの先端を切除して後に直ちに抜いた部位に戻す治療。

デンタルエステ(ホワイトニング)

Cure(歯科治療)からCare(予防歯科医療)へ

デンタルエステでは、初回無料のカウンセリングを20~30分ご用意させて頂き、歯や口腔内の状態を確認させて頂いた上で、プロの立場でお客様に最適な施術を提案させて頂きます。担当するセラピストは全て国家資格を有する、歯科医師や歯科衛生士ですので安心して相談いただけます。

このような方にオススメです ・歯を白くしたいと思っている方 ・歯科医院の雰囲気が苦手な方 ・歯だけでなく、トータル的に口元の美人力を高めたい方 ・デンタルエステが高いと思っている方 ・30歳を超え、口臭や歯周病などの生活習慣病が気になり、予防改善したい方 ・将来インプラントや入れ歯にならないよう今のうちから継続的に予防歯科を受けられたい方

国内No.1のホワイトニング実績があります!

  • 全国に 100店舗 以上
  • 業界初 白さ保証制度
  • 相場の 半額以下
  • 歯を削らない身体にやさしい施術
    歯を傷つけずに健康な人がもっと健康でいられる、より素敵な笑顔を手に入れることができるデンタルエステサロンです。
  • 完全個室空間で癒されます
    施術を提供する部屋はすべて個室となります。
    プライバシーが守られるので安心して相談できるのもポイントです。
  • 効果に自信があります
    これまでの膨大な症例実績データにより症例結果を予測することが可能になりました。これにより、目標色に到達させるための各種コースをご用意いたしました。
  • 痛みがなく快適な施術が特徴
    痛み無く歯にやさしいホワイトニングをはじめ、眠ってしまうほど快適なクリーニング、施術後の爽快感が定評の造顔マッサージ等。気持ちよくキレイになれるサロンとしてご好評いただいております。

■各種ホワイトニング
■クリーニング
■口もとのエステ
■口臭予防の原因を診断&改善
■大人のための予防歯科
etc...

デンタルエステサロン ホワイトエッセンス

ページトップへ